和倉の湯 下関せいりゅう

母の日は休みだったので実家に。
「なにかしたいことある?」と父に聞くと「ない」。想定していた答えだ。
「オマエはなにかあるのか?」と聞かれ、「ない」。
すると、「温泉行くか。バイキングがあるし。仕事仲間の○○は行ったことあるらしいけど、俺はまだない」とのこと。
それなら、行きましょう。

和倉の湯 下関せいりゅう」へ

以前、グルーポンやポンパレで割り引きチケットが出ていたはずだが。
調べてみると、販売は終了。ま、いいか。
今回はランチで利用した。

ここは福岡にある「那珂川清滝」の系列店。

訪れたのはGW最後の日曜日、12時前だった。

受付を済ませてバイキングについて尋ねる、「今なら入れると思いますよ。。温泉に入ってからでもいいですが、そちらの方がレストランは多いかもしれませんね」と親切に教えていただいた。なので、先に食事を済ませることにした。

ホームページによると、ランチは大人1,680円(ディナーだと2,100円)。
席に案内されると「90分と60分があります」と聞かれた。90分も必要ないので60分に。
「エビを付けるプランもありますが(別途1,080円)」とも言われたが必要ありません。

家族連れ、女性同士のグループなど人がたくさん。
料理に群がる殺到する人を避けつつ、料理を皿に盛る。



ちらし寿司


せせりのほうれん草ソース、焼カレー、パスタ、から揚げ、ゴボウのゴマ揚げ


追加してカレー(白米、雑穀米)、サラダ、コロッケ、せせりのほうれん草ソース(2回目)

しっかりとデザート、コーヒーも


ソフトクリームやチョコレートフォンデュ、おまんじゅうなどもあった。

種類が豊富でおいしかった。

食事の後は温泉へ。
露天が2か所、内湯、寝湯、サウナもあった。
相方と一緒なら、お互いに1時間近くは入っておける内容だけど、父はあまり長くは入らないようだ。
過去に一緒に行った旅行でも、温泉入る回数、時間は圧倒的に違った。
今回も1回目のサウナに入っている時に、出て行く(更衣室に行く)姿が見えた。
もうちょっと入りたかったけど、ここは合わせとこ。

温泉は小さいタオル付きで1,400円。ランチバイキングは60分だと1,380円だった。
二人で合計5,560円。
高い気はしないでもないが、まあいいでしょ。

この後は隣接しているスーパーで夕食の買い出し。
そして墓参り。お菓子屋さんでいただいたカーネーションの造花(1輪)をお供えしてきた。
来月は13回忌。早いものだ。
 

スポンサーサイト

コメント