角島



久しぶりに母の墓参りへ。
正月以来だから、なんという親不孝者。
忙しいというのは言い訳にはならず。

どうせだから、ドライブを兼ねてということで。

海のそばのドライブインで刺し身を食べて、そして温泉に入って、それから山口県にある角島(つのしま)まで行ってきた。
久しぶりだな。
青い空をバックに、長い橋が見られるはずだが、そんな運のいい男ではなかった。

カメラのホワイトバランスをいじって少し遊んでみた。

角島で夕日を見るのは初めてだな。

橋を渡って島を回ってきたが、灯台近くは有料駐車場ばかりだったのは少し興ざめ。





ただ、遠いのが難点なんだよな。もう少し計画的な行動を取らなくては。

 

毘沙ノ鼻

母の命日のために実家へ帰った。
墓参りを済ませて、いったん家に戻った。
「昼ご飯どうする?」と父。
「どこでもいい。父さんの行きたいところにしたらいいよ」と俺。

父「………」

俺「………」

優柔不断な2人だから、簡単には決まらない。

しばらくたって、「川棚に行くか」と父。

「ハイ」と俺。

山陰方面へ車を走らせる。
吉見を過ぎて吉母(よしも)の辺りに来ると「本州最西端」の看板を発見。

「本州最西端か」と父。

「行ったことあるの?」と俺。

「ない。行ってみたかったけど、一人じゃなかなか」と父。

「それなら行こう」と俺。

そんな父子の会話が車の中で繰り広げられ(なんのこっちゃ)、行くことにした。

おそらく、車がないと行けないような場所。
案内の看板に誘導されて着いた。

「毘沙ノ鼻」(wiki




駐車場に車をとめて、そこから200メートルほど歩くと着いた。


残念ながら天気がはっきりしなくて、何も見えやしない。


こんなサービスもやっているんだね。

キレイな海

ちょっと足を延ばして、山口県の海へ。
山口で育った俺にとって、海はきれいなのが当たり前。
だから、相方にも、きれいな海を見せてあげたかった。

行ったのは二位の浜。
山口県長門市日置。電車で行ったら、長門古市と黄波戸の間ぐらいかな。
駐車場700円。
シャワーは100円。ただし、1分よ。


エメラルドグリーンの海。やっぱり、海はこれぐらいきれいでなくては。
お日様がきつくて、肌がじりじり。


ちょっとヒリヒリするけど、夏らしい男になったかな。
1